レビュー『エコエコアザラク ~眼~』Night07「複眼」 | 魔法使いの赤い城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

レビュー『エコエコアザラク ~眼~』Night07「複眼」

ご訪問ありがとうございます。
青木無常です。

さて、本日は『エコエコアザラク ~眼~』
Night07「複眼」の感想とあいなります。



ところがどっこい、
すでに予約投稿を作成してあったのですが、
なぜか消えていました。(T_T)(T_T)

いろいろブログの構成とか内容とか
手直ししていたので、そのせいかもしれません。

予約投稿なんてシャレた機能を見つけて
有頂天になっていたせいかも(^_^;)。
いつもなら、投稿が完了してから
元データを消したりしてるのですが、
今回は予約投稿が終わった時点で、
データを消してしまっていました。

だから今書きなおしているところです。(^_^;)

泣けてくる(^_^;)

『エコエコアザラク ~眼~』
Night07「複眼」
2.レビュー

Night07「複眼」のネタバレあらすじはこちら




というわけで、まずは腹いせに
前回も書いたけど「闇の活弁士」への
苦情から始めましょう。ちくしょう。

どうもこの『エコエコアザラク ~眼~』の
スタッフは、意味のわからない実験的な
内容をちょくちょく差し挟んでいる傾向があります。

この活弁士もそのひとつで、
まあ昔の映画のトーキー風に、
活弁士が物語の補足を語るという
体裁をとっているのですが、
こんなもん全く不要。

著しく物語の雰囲気を破壊する
ろくでもない演出です。

また映画館の観客席には
西洋人形のような少女も出ていて、
こちらは一見不気味な感じが
出ていないこともないといえばないのですが、
途中のホラーシーンでごくりと喉を鳴らしたり、
いきなりポップコーンをむさぼりだしたりと、
やはり雰囲気を削ぐことこの上ありません。

ろくでもない演出です。
時間でも余ったのでしょうか。



さて、今回のお話で、
政治家の桜木という名前が出てきます。
その秘書の岸田が山中博美に差し出す
名刺の中だけですが、
この人物への言及があることで、
一連の事件に黒幕が存在することが
暗示されます。

まあそのさらに背後に黒幕、
黒幕の黒幕の背後にもさらに
黒幕(というよりは事件全体の原因)が
存在するのですが、まあこのへんの
構成も異形ですね。

で、ここに出ている岸田という
政治家秘書の男は、
南淵高校の「岸田先輩」の
父親です。

今回のエピソードでは明示はされてませんが、
博美が入居した高層マンションに、
「岸田先輩」が姿を現したことからも、
類推はできると思われます。



で、その息子の方の岸田なんですが。

これまで、山中博美の邪眼ににらまれたものは、
ことごとく悲惨な最期をとげてしまうのですが、
岸田は特に怯える様子も怖れる様子も見せず、
平然と見返しています。

これは、博美が手加減した、
というより、自省した雰囲気もありますが、
岸田が他の人間とは少し違う
ということの暗示にもなっているのでは
ないかと思います。

まあ今後、岸田と博美とが親しくなっていくことを
視聴者に感じさせる伏線ともなっていますね。



田上と萩原の件も、それぞれ別個の
件を調べながら、互いにつながっている
ということがだんだんと判明していく。



薫の“眼”に関しては、
白いとろりとした液体が流れるとか
眼帯を外すと、単なる白濁した感じの
コンタクトレンズで処理してるとか、
イージーさが目立ちますが、
このあたりはもしかしたら、
あんまり激しい特殊メイクとかが、
事務所NGになった、ということですかね。

たしか以前の自傷シーンでは、
赤黒く変色した腕とか
ありましたもんね。

それに笹岡莉紗は、若干抑えめとはいえ、
ちゃんと特殊メイクしてるし。

前回の女連続殺人鬼みたいな
チープでもいいからグロテスクな
メイクを期待していたのですが、
まあしかたがないといえばしかたがない。

で、この薫のシーンで何回か出てくる
血まみれの女なんですが、
これはお姉さんなんですかね。
それとも自殺した女教師?
どちらかだとは思うのですが。



岸田が黒井ミサを見て驚愕するシーン。
「なぜあいつが生きてる……?」という
セリフも、今後解き明かされていきます。



今回のエピソードは物語が
大きく動き出すことを示すシーンが多く
いろいろと新しい伏線も示されており、
お話がいよいよ後半にさしかかっていることを
否応なしに感じさせられます。

このあと、登場人物たちが
うねり始めます。



次の第八話では、呪詛返しを受けた宮田由比奈の
不思議な、そして不気味な顛末が
語られることになります。



それにしても、今回は学校が主な舞台なのに、
嘉陽愛子がまったく出てきていないのは、
いったいなぜなんでしょうかね……。

エイベックスの所属だし
当時は売り出し中だったので、
スケジュールがとれなかったとか
そういうことなのかな?

というわけで、本日は以上です。
それでは、また。

Night07「複眼」のネタバレあらすじはこちら


『エコエコアザラク ~眼~』関連の他の記事はこちら

オープニング

Night01「呪詛都市」――前説
Night01「呪詛都市」――あらすじ
Night01「呪詛都市」――レビュー

黒井ミサ―上野なつひ

Night02「儀式」――あらすじ
Night02「儀式」――レビュー

上野なつひin『特命戦隊ゴーバスターズ』
佐橋恵理―杏さゆりについて

Night03「赤い部屋」――あらすじ
Night03「赤い部屋」――レビュー

須田薫――三津谷葉子について

Night04「悪の華」――あらすじ
Night04「悪の華」――レビュー

恐怖の邪眼、山中博美――来栖あつこについて

Night05「 呪痕の城」――あらすじ
Night05「 呪痕の城」――レビュー

倉橋みすず――嘉陽愛子について

Night06「怪物」――あらすじ
Night06「怪物」――レビュー

Night07「複眼」――あらすじ
Night07「複眼」――レビュー

Night08「幽体」――あらすじ(前半)
Night08「幽体」――あらすじ(後半)
Night08「幽体」――レビュー

Night09「眼球譚」――あらすじ
Night09「眼球譚」――レビュー

Night10「流転」――あらすじ
Night10「流転」――レビュー


メールはこちらまで

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
『エコエコアザラク ~眼~』 (37)
雑記帳 (2)
読書録-ホラー (22)
読書録―オカルト (1)

月別アーカイブ

プロフィール

青木無常

Author:青木無常
魔法使いの赤い城へようこそ。青木無常と申します。

主にホラー・ファンタジー系の作品に対する感想を中心に書いていきます。

また、備忘録もかねて、あらすじも記載いたします。
詳細なあらすじになる場合もあり、ネタバレもがんがんしまくりますので、あらかじめご了承願います。

一応ネタバレ部分は
<以下ネタバレ>ネタバレ部分<以上ネタバレ>
のような感じで括って中身の文字色を変えておきます。
必要に応じてドラッグ反転でお読みいただきますよう、お願いいたします。

検索フォーム

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

プライバシーポリシー

【著作権について】
当サイトで掲載・配信している文章・動画・画像の著作権/肖像権等は各権利所有者に帰属します。
当サイトに掲載されているすべてのコンテンツにおいて、著作権/肖像権等に関して問題がありましたら、メール先に御連絡下さい。迅速に対処をいたします。


本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html


以下も青木無常のサイト・ブログです。
GADGET BOX ガジェット ボックス
青木無常の創作小説サイト

ガジェットボックス マンガ館
青木無常の創作漫画サイト


見果てぬ夢をみる魔法
青木無常のブログサイト

底なしの穴を埋める魔法(を模索中)
ブログサイト更新お知らせセンター


魔法使いの赤い城
ホラー・ファンタジー系作品のレビューブログ
無名戦士の黒い銃
スペース・オペラ、SF系レビュー専門ブログ


CROCK WORKS【神話に出てくる固有名詞】覚書

CROCK WORKS【実践心理学】覚書

CROCK WORKS【生活の知恵】覚書
PR
「小さなお葬式」
24時間365日 専門スタッフ対応
無料相談0120-926-361
↑緊急の場合にご利用下さい。


着る毛布『グルーニー』
他ブランケットウェア各種紹介


大人の鉛筆
"鉛筆屋"の提供する「大人の鉛筆」  自分の手で文字を書く快感をぜひご堪能ください


巨大ロボットなりきりセット―にぎりこぶしと効果音
玩具、トイ、おもちゃ、ホビー、コレクション


オヤジども必見! なつかしい泉谷しげるの“吠える”アルバム ランキング
泉谷しげるのアルバムを売り上げランキング順にならべました


検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あわせて読みたい

あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。