『エコエコアザラク ~眼~』Night03「赤い部屋」――あらすじ | 魔法使いの赤い城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

『エコエコアザラク ~眼~』Night03「赤い部屋」――あらすじ

ご訪問ありがとうございます。
青木無常です。

本日は『エコエコアザラク ~眼~』Night03「赤い部屋」の
あらすじ、感想を掲載いたします。



前回と同じように

1.ネタバレあらすじ

2.感想


この2記事となります。
ではさっそく、1.から。


1.ネタバレあらすじ
『エコエコアザラク ~眼~』
Night03「赤い部屋」

ミユキ(SMクラブ「赤い部屋」のアクトレス)
スズキ(偽名)
黒井ミサ(主人公。“魔女”。演:上野なつひ)
田上寛(探偵。演:渡辺いっけい)
萩原文哉(雑誌記者)
須田薫(南淵高校生徒。演:三津谷葉子)
岸田嘉彦(南淵高校生徒。演:菊地謙三郎)
宮田由比奈(南淵高校生徒。下級生。演:笹岡莉紗)
リンダ(SMクラブ「赤い部屋」のアクトレス)
山中博美(モデル。演:来栖あつこ)
伊澤亮子(SMクラブ「赤い部屋」の経営者。演:朝加真由美)
リリー(SMクラブ「赤い部屋」のアクトレス?)



隠しカメラに映った映像の中、
ホテルの一室にコールガールが訪問、
男がシャワーを浴びている間に、
隠しカメラに気づいてガムをはりつける。



夜、湾岸の黒井ミサ。
対岸の都市の灯火の上空に、
巨大なゴシック風の、双つの塔をそびえ立たせた
巨大な門の幻影を見つめる。
門には"眼"の紋章が刻まれている。



田上は勤務する探偵社の社長から、
「monthly EYEs」の記者・萩原を紹介される。
萩原は田上を取材するためにきたという。



ホテルでは、隠しカメラを
設置していたことをネタにして、
SMプレイが開始されていた。
幼児言葉でキスを要求する男に、
「『赤い部屋』からきたミユキ」は
失笑する。



南淵高校の、壁のシミの映像。
場面が変わり、
宮田由比奈が先輩の
岸田嘉彦にあいさつをする。
岸田はそっけなくあいさつを返しただけで、
通り過ぎていく。

が、その先で岸田は、
須田薫に声をかける。
由比奈への接し方とはまるで違い、
熱心に何かを勧誘している。
薫は困惑するが、まんざらでもない様子。
由比奈は、刺すような嫉妬の視線を
薫に向ける。

壁のシミが、濃くなる。



街区、黒ずくめの女
(『赤い部屋』のアクトレスのひとり、リンダ)が、
いきなり怒り狂っている。
相手は黒井ミサ。
ミサが女のあとを
勝手につけていたらしい。
どこかで会ったことが
あるわけでもないミサの様子に、
女は怒りながらぷいと背を向け、
歩き出す。
淡々とミサはそのあとを追う。



なぜ自分を選んだのかと問う田上に、
萩原は、人さがしのプロ中の
プロだから、と告げる。
そして、田上が機捜隊をやめた理由、
不正を行った理由を問う。
「理由なんかなかったさ」
田上は自嘲的に答える。



コンクリートの壁に囲まれた
奇妙な部屋。
赤いソファに、全身包帯だらけの
赤いドレスの女が腰かける。
別のデスクで、電話をかけているのは、
『赤い部屋』経営者の亮子。

そこに、憤然とした様子で
とびこんでくるリンダ。

間をおいて、黒井ミサが入ってくる。
口汚い言葉づかいのリンダをさとしつつ、
亮子はミサを迎える。

「怖い眼で見ないで」
亮子はいう。
「人はね、見るという行為で
人を呪う事が出来るのよ」

ミサは冷徹に返す。
「バジリスクの眼。
でも、私はそんな事はしない」

亮子は無言で、微笑んで見せる。
もてなすそぶりを見せる亮子に、
リンダは抗議するが、いなされる。
憤然と出て行くリンダ。
ミサはあとを追おうとするが、
リリーにとめられる。

亮子は、リリーがミサを気に入った
様子に、うれしそうにする。



何かの面接のシーン。
こびるような笑顔を浮かべながら、
山中博美が自分を語っている。
子どものころは、人に見られるのが
きらいだったという。
それがだんだん、もっと
見つめられたいという気持ちに
変わってきた、と言う。

博美の前には、
覆面(ストッキング?)に
すっぽりと頭を覆った、
異様な三人の男。
眼だけがくりぬかれ、
博美を凝視する。
その背後には、
眼だけが映ったいくつものモニタ。



夜の街を足早に歩くリンダ。
「死ね」
「殺してやる」
と、うわごとのように何度もつぶやく。



「赤い部屋」では、何かに酔ったように
ぐったりした様子のミサ。

手にした灰皿がぽとりと床に落ちるが、
同じソファに腰かけたリリーは
微動だにもしない。

亮子がゆっくりと歩みよってきて、
アサメイ(儀式用の短剣)をミサに差し出す。
ウサギ型のバッグ「ビケちゃん」の
チャックが開かれているのを
ミサは確認する。

「これで誰かを殺したことある?」
と問う亮子に、否定するミサ。
亮子はみずから「アサメイ」の名を口にし、
ミサに何者かと問う。

「あなたこそ……」
もうろうとした様子ながら、
逆に問い返すミサに
「ひょっとして、あなたと同じかも……」
謎めいた答えを返す亮子。



田上の調査に同行しながら
萩原はふとしたように、
人をさがしてほしい、という。
誰をさがしてほしいのかと問う田上に、
「ぼくです」
萩原は答える。



「死ね」「死ね」とくりかえしながら、
タバコに火をつけようとするリンダ。
街灯が明滅し、異様な雰囲気が充満する。
ふと顔をあげ、リンダは
おびえた様子で「また……」とつぶやく。



「あなたは誰」問いに「ミサ」と答え、
「あなたは何」という問いにミサは、
「魔女」と答える。

逆にミサが「あなたは?」と問い、
亮子は「あたしは、男のひとに
夢を見させる魔女」と答える。

「夢を見させるなんてすてきね。
そういう魔女に、わたしもなれるかな」
最前までとはうってかわった、
はっきりとした口調でミサは言う。

自分にはミサほどではないにしろ、
少しは事を識(し)る眼がある、と
告げる亮子。
それなのに、ミサの近い記憶が
見えない、との不審を口にする。

一年間の記憶がないから、とミサは言い、
亮子も首肯する。

が、ミサは、そんな"眼"を持っているのに、
なぜリンダをとめなかったのかと咎める。

亮子は、リンダに"それをする権利"が
あるからと答える。

リンダは「赤い部屋」にくる前は、
この街へ呪詛を吐き続けることしか
していなかったという。

リンダは幼いころから、
父と兄に"痛めつけられて"きた。
今にも壊れそうな、
見せかけの平和を維持するために、
リンダはそのことを黙っていたらしい。
だが、リンダが信じたがっていた母親が、
最初からすべて知っていたという。
リンダは自分を産み落とした
この街そのものを呪っているのだと。

しかしその行為は、<以下ネタバレ>
リンダにとって危険なことだと
ミサは言いつのる。

亮子は、それを認めながらも、
なお「あの子にはそうする権利が
あると思うわ」とつぶやくように言う。

そして目を上げるが、
そこにはすでにミサはいない。

何かにおびえて、街を走るリンダ。
駐車場のようなところに逃げ込む。
が、闇の中から、不気味に
目だけを光らせた黒い影が、
蠢きながら次々に立ち上がる。

「あたしがあんたたちに
何をしたって言うのよ!」
叫ぶリンダ。

影に囲まれ、頭を抱えて崩折れる。

その時、凛とした呪文の声。
顔を上げると、アサメイをかまえた
黒井ミサがそこに立っていた。

呪文を唱え、影を祓うミサ。

リンダはおびえを残したまま、
「今のまたくる?」と問う。
「あなたが呪いを続ければ」
とミサが答える。

いまのは幽霊かと問うリンダに
「影はラルヴァ。不浄の地に現れ、
死んだ者の魂を糧(かて)に
這いずる悪しき魂」とミサは告げる。

「この街は、変わってきたの……。
呪いが力になってしまう。
だから、もう呪詛の言葉は吐かないで」
<以上ネタバレ>

やさしい口調で、悲しげに告げるミサを
リンダは無言で見上げる。



「失踪するつもりはないんです」
と萩原が言っていたのを、夜の
探偵社で思い出す田上。
しかし、もしいなくなってしまったら、
「ぼくをさがして下さい」と
萩原が言ったことに、怒りの衝動を覚えて、
無人のオフィスで机を蹴りつける。

すると突然の地震。

崩れて床に落ちてしまった書類を
整理していると、先日すれ違った少女の
写真が貼ってある操作資料に気づく。

"黒井ミサ"の顔写真の貼られたその資料には、
対象者の名前が「四方田千砂(よもだちさ)」
と記載されているのだった。

湾岸でミサは、再び"門"の幻影を垣間見る。
呪文……。


Night03「赤い部屋」2.感想につづく


『エコエコアザラク ~眼~』関連の記事のまとめ↓

オープニング

Night01「呪詛都市」――前説
Night01「呪詛都市」――あらすじ
Night01「呪詛都市」――感想

黒井ミサ―上野なつひ

Night02「儀式」――あらすじ
Night02「儀式」――感想

上野なつひin『特命戦隊ゴーバスターズ』
佐橋恵理―杏さゆりについて

Night03「赤い部屋」――あらすじ
Night03「赤い部屋」――感想

須田薫――三津谷葉子

Night04「悪の華」――あらすじ
Night04「悪の華」――感想

メールはこちらまで


関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
『エコエコアザラク ~眼~』 (37)
雑記帳 (2)
読書録-ホラー (22)
読書録―オカルト (1)

月別アーカイブ

プロフィール

青木無常

Author:青木無常
魔法使いの赤い城へようこそ。青木無常と申します。

主にホラー・ファンタジー系の作品に対する感想を中心に書いていきます。

また、備忘録もかねて、あらすじも記載いたします。
詳細なあらすじになる場合もあり、ネタバレもがんがんしまくりますので、あらかじめご了承願います。

一応ネタバレ部分は
<以下ネタバレ>ネタバレ部分<以上ネタバレ>
のような感じで括って中身の文字色を変えておきます。
必要に応じてドラッグ反転でお読みいただきますよう、お願いいたします。

検索フォーム

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

プライバシーポリシー

【著作権について】
当サイトで掲載・配信している文章・動画・画像の著作権/肖像権等は各権利所有者に帰属します。
当サイトに掲載されているすべてのコンテンツにおいて、著作権/肖像権等に関して問題がありましたら、メール先に御連絡下さい。迅速に対処をいたします。


本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html


以下も青木無常のサイト・ブログです。
GADGET BOX ガジェット ボックス
青木無常の創作小説サイト

ガジェットボックス マンガ館
青木無常の創作漫画サイト


見果てぬ夢をみる魔法
青木無常のブログサイト

底なしの穴を埋める魔法(を模索中)
ブログサイト更新お知らせセンター


魔法使いの赤い城
ホラー・ファンタジー系作品のレビューブログ
無名戦士の黒い銃
スペース・オペラ、SF系レビュー専門ブログ


CROCK WORKS【神話に出てくる固有名詞】覚書

CROCK WORKS【実践心理学】覚書

CROCK WORKS【生活の知恵】覚書
PR
「小さなお葬式」
24時間365日 専門スタッフ対応
無料相談0120-926-361
↑緊急の場合にご利用下さい。


着る毛布『グルーニー』
他ブランケットウェア各種紹介


大人の鉛筆
"鉛筆屋"の提供する「大人の鉛筆」  自分の手で文字を書く快感をぜひご堪能ください


巨大ロボットなりきりセット―にぎりこぶしと効果音
玩具、トイ、おもちゃ、ホビー、コレクション


オヤジども必見! なつかしい泉谷しげるの“吠える”アルバム ランキング
泉谷しげるのアルバムを売り上げランキング順にならべました


検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あわせて読みたい

あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。